意外に簡単で驚く銀行カードローンの利用方法

■銀行でお金借りるにはこちらををご覧下さい

銀行のカードローンの利用方法をめぐっては、消費者金融などの貸金業者より手続きが面倒だと思われることがあります。 それは一部で普通預金口座の保有を申し込みの条件にしていることから、口座がないと利用できないと思っている人が多いためです。 確かに口座保有や口座の新規開設を条件にしているところもありますが、口座の開設は不要なところもあります。 銀行のカードローンは利用限度額が大きく、金利水準が低いのがメリットなため、口座開設不要で面倒な手続きがないならば利用しない手はありません。 もう1つの利用方法の誤解は、その銀行のATMでないと借り入れができないと思われていることです。 これはほとんどすべてのケースで、大きな誤解です。 申込先のATMはもちろん、提携の金融機関やコンビニのATMでも使えます。 そのため、インターネット等で有利な貸付条件のカードローンを見つけたものの、近くに店舗や専用のATMがないという理由で申し込まないのは、有利な機会を逃すことになります。 提携している地方の金融機関やコンビニ等のATMも利用できますから、全国どこからでも申し込みと利用が可能なのです。 もっとも、専用のATMや一部の提携先ATMに限り、ATM利用手数料を無料とするなど、特典を付けているところはあります。 ですが、利用手数料が無料の提携先ATMが近くにあれば、損はありません。 全国どこからでも、インターネットを利用して申し込めるため、気軽に利用しましょう。

カードローン仕組みを知って40万円を楽に借りる借り方

カードローンを申し込んで40万円を借りる借り方は、銀行などの金融機関を利用するケース、消費者金融などの貸金業者を利用するケースの大きく2つに分けられます。 カードローンの仕組みとしては同じですが、両者の審査基準に大きな違いがあるのです。 もちろん、審査基準はそれぞれの業者で異なるのですが、貸金業者には総量規制が適用され、金融機関には適用されません。 総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないとする貸金業法に基づくルールであり、これが適用される場合、40万円を借りるには最低でも120万円の年収が必要になります。 もっとも、銀行によっては、この希望額でも年収は200万円以上を要求するところもあるので、必ずしも金融機関が貸金業者に比べて有利というわけではありません。 申し込みにあたっては、収入をはじめ勤務先や雇用形態、他の借り入れ状況などもチェックされます。 この点、総量規制は貸金業者1社だけで判断されるのではなく、既に借りている他社の債務額も含めて判断されます。 他の消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを利用している場合には、収入の最低条件がさらにアップしてしまいます。 たとえば、既に10万円キャッシングしていれば、新規の申し込み分と含め、合計借入額の3倍にあたる150万円以上の年収があることが最低条件となります。 なお、貸金業者では1社で50万円以上の借り入れをする場合には収入証明書の提出をしなければなりません。 審査の状況によっては、50万円に近い40万円でも提出が求められることがあります。