銀行カードローンの審査基準は消費者金融に比べて厳しい

カードローンを行っている金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカード会社などがあります。 どの金融機関を使うにしてもお金を借りるためには審査に通過する必要がありますが、審査基準については銀行が一番厳しいというのが一般的な評価です。 ただし、審査基準が厳しいということは、低い金利でお金を借りることができるということでもあります。 利用者の与信が大きいので、貸し倒れなどのトラブルが少ないからです。 銀行のカードローン審査では、どのような点が見られるのでしょうか。 重要な情報としては、年齢、職業、年収、居住形態があります。 まず、年齢については若すぎても齢を取り過ぎても評価が悪くなります。 若い人は統計的に離職率が大きいのが理由で、高齢者は定年により収入が減少するのが理由です。 逆に働き盛りの30代・40代の人は評価が高くなります。 職業に関しては勤続年数が重要になります。 同じ場所で長く働いている人はリストラの可能性が低いと判断できますから、業者側からすれば安心してお金を貸すことができます。 一方、短期間で次々に職場を変えている人は審査で不利になるので注意が必要です。 年収に関しては多いほうが有利なのは間違いありませんが、年収が多くても扶養家族が多い場合や住宅ローンなどの支払いが多い場合には、返済に回せるお金が少なくなるので評価が下がってしまうことがあります。 意外かもしれませんが、居住形態も審査では非常に重要な項目となります。 具体的には、マイホームを所有している人は賃貸住宅に住んでいる人よりも審査では有利になります。 これは、マイホームを購入できる人ならば一定以上の収入があると判断されるからです。 また、賃貸住宅にお住まいの場合には、その物件にどれだけ長く住み続けているかが審査に影響してきます。 もしも短期間で引越しを繰り返している場合には注意が必要です。

(キャッシング豆知識)条件を知って活用できる優遇金利とは

いくつかのローン情報を比較していると、時々優遇金利という言葉を目にします。 一般的な金利よりも安く、また普段のローンよりも金利がお得に設定されているものです。 では、これはどのような時に適用されるものなのでしょうか。 これは、ローンをする際に条件を満たしている人を対象にした金利です。 どういうことかというと、例えばお金を貸す銀行では、一定以上の借入を行う契約や、もしくは銀行口座の利用について、一定の条件を満たしている人を対象に金利を優遇しています。 また、何らかのキャンペーンを行っているときに、キャンペーン期間中に契約をすれば金利がより安くなるということもあります。 このような優遇金利を利用する場合、気をつけなくてはならないのは、優遇金利になる条件です。 条件はそのキャンペーンや契約内容などにもよりますが、ある地方銀行では、水道光熱費や学校などの支払いを優遇金利を扱っている銀行に振り替えます。 そして、口座引落先と指定すれば適用されます。 この場合は手続きは簡単なものではありませんが、一方で手続きさえ完了してしまえばお得な金利でローンを利用することが出来ます。 また、ある銀行では一定額以上の預入があれば、安い金利でお金を借りることが出来ます。 これは普通預金・定期預金の差はありませんが、外貨預金や為替などは対象の範囲外です。 もし出来そうなら、是非このサービスを利用しましょう。 活用することで、ローンの返済も楽になります。