消費者金融のカードローンは借りやすくなっています

消費者金融に悪い印象をお持ちの方は多いでしょうが、今は健全な業者ばかりです。 悪徳業者・闇金などを消費者金融と混同していた方が多かったのですが、これらは貸金業登録をしていない業者なのです。 カードローンを取り扱っている消費者金融は、貸金業登録をしていますし、金利も法定内に抑えてあります。 かつてはグレーゾーンという曖昧な金利帯が存在していましたが、今はそうした金利はなくなっており、しっかりと利息制限法の金利内に収まっているので安心できます。 カードローンの金利は、カードを発行しないローンであるキャッシングと比べると若干高いと言われていますが、実際にはほぼ同じです。 金利は実質年率と呼ばれる年利で表記されており、4.6%〜18.0%といった表記になっています。 法的には20.0%まではOKですが、借入額は10万円未満に限定されますので、10万円融資では18.0%以下にしないといけない決まりがあります。 そのため、多くの業者では上限を18.0%に定めているというわけです。 近年の金利傾向では、さらに金利幅を引き下げる動きが出てきており、17%台が増えてきています。 17.8%というように18.0%よりもわずかに引き下げた金利を設定していますが、これはライバル業者の金利を意識しているからです。 金利においては銀行のほうが低く、契約時に15.0%やそれ以下の金利を設定することは難しいですが、少しでも金利を低く見せるために18.0%未満にしているのが現状なのです。

銀行で10万円借りる方法はインターネットが便利

旅行やレジャーに出かけているとき、ついお金を使い過ぎてしまって、手持ちのお金が足りなくなったら、銀行から10万円を借りてみませんか? 銀行から融資を受けるには、担保や保証人を用意しなくてはならないと思っている方もあるでしょうが、少額融資であればそんなものは必要ないので気軽に申し込むことが出来ます。 住宅ローンや自動車ローンは用途が決まっていますが、カードローンであれば用途は自由なので、手に入れたお金はどんな目的にも使えます。 まずは運転免許証や健康保険証などのコピーを用意し、申し込むことから始めるようにしましょう。 コンビニのATMでお金借りれる?すぐに借りたいといった場面はたびたびありますよね!? 休日に家族旅行へ行くことになったときにもそうです。 旅行やレジャー中に必要なお金というのは大体、10万円もあれば足りるでしょうが、それだけの金額を銀行から借りる方法は、パソコンやスマートフォンから申し込むだけなので簡単です。 インターネットなら24時間365日いつでも受け付けてくれるので、電話や店頭での申し込みのように、時間帯を気にしなくても済みます。 審査が厳しいように言われていますが、20歳〜65歳前後の社会人で、一定の収入がある方なら、ほとんどの方が合格するので、試しに申し込んでみるようにしましょう。 店頭申込みの場合は、その場でカードをもらえますが、電話やインターネットの場合は郵送なので、それが届いた後は、いつでもそのカードを使って、お金を引き出せます。 カードは提携金融機関ATMやコンビニATMで使えますから、旅行やレジャーに行く前に、作っておけば安心です。